CONCEPT

デザインされた学習スタイル

何度も留年して困っているけど、教わる場所が近場にない。参考書や勉強本をひたすら読んだけど成績があがらない。みんなと同じ授業を受けているけど自分だけ結果が違う。予備校の数、大学の合格率を鑑みて地域間格差も問題とし、関東圏内にいらっしゃらない学生の方々にもサービスを受けていただくことを考えました。DENTAL YOUTH ではそのような方々に「場所」や「時間」にとらわれることがないオンライン学習を通して少しでも学力向上のお手伝いができればと思います。

場所を問わない学習スタイル

 予備校の設置数からしても歯科教育業界が地域によってある程度の格差があることは否めません。そこで、DENTAL YOUTH では場所を問わない学習スタイルとして、オンラインを通した指導をご提供いたします。進級試験・卒業試験・国家試験対策など学生さんの状況に合わせてご対応させていただきます。
 他にも、DENTAL YOUTH SHARE という歯科学生向け情報共有サイトやYOUTUBEで講義等が閲覧できます。電車の中やちょっと物忘れして確認したい事項などスマートフォンやタブレット一つで解決できます。
 じっくり進む個別指導とそれを補う各種サービスをご用意しております。

SNSを利用したサポート体制

 実際、勉強の大部分は一人で行います。DENTAL YOUTHではそういった一人で勉強している時間にも焦点を当てます。学習している際に生じた疑問点や日々感じている不安などはSNSを通して対応していきます。その場で生じた疑問は放っておくのではなく、その瞬間に記録・対応することが大事だからだと考えております。
 集団講義でも、個別指導でも大事なのは教わった後。講義はあくまで「情報」を伝えるという手段です。しかし、学力をあげるというゴールは継続的な「行動」なしにはなし得ません。
 そこで、DENTAL YOUTH では、SNSを利用して講義や指導だけでは補えない「行動」の部分にも着目してアプローチしていきます。

長期的な学習の定着を考えた能動的学習法。

長期記憶を手にするための3つのステップ。

 小説を読んでも、テレビや映画を見ても思い出せないことが多いのと同じように、ただ、講義を受動的に聞いているだけでは学習の定着は難しいです。私たちDENTAL YOUTHは一人ひとりの進捗を見ながら能動的な学習スタイルで成績をあげていきます。
 基本的な指導の枠組みとしては①「課題に関するポイント提示」②「演習問題の実施」③「解決した内容の確認」の3ステップです。DENTAL YOUTH の個別指導では長期的な記憶の定着を考えていますので、一方的な講義ではなく学生の方に発話させながら学習をすすめるアクティブラーニングの手法を取り入れています。
 もちろん、ご希望によって講義スタイルの形式で一から教える指導のタイプも可能です。

進級試験から国家試験対策まで。

進級試験・CBT対策・卒業試験では、大学の資料等を参考にしながらじっくり計画を立てます。歯科に関する基本的事項を身につけるだけではなく、国家試験へ向かう頃は個別指導を受けなくても自立した学習スタイルを身につけていただきます。
​ 国家試験対策では、進級試験や卒業試験と違って国家試験ならではの内容の絞り方、問題の解き方があります。その部分は的確にお伝えしながら学習を進めます。